コミュニケーション

采花の時は、夫も侑花も立ち会い。采花と一番最初に会ったのは侑花。 出産した時はあまりの痛さに余裕がなくなり陣痛がくるたびに旦那を蹴りまくり…パニック状態の私を見て旦那は逆に冷静になり助産婦さんに褒められるほどサポート出来てました。 立ち会うも何も帝王切開で全身麻酔だったからねぇ~。 長男が産まれてた頃は立ち会い出産など「愚の骨頂」。 「イクメン」だの「婚活」だの…… 時代は変わるものなのね。育児中は、旦那さんの優しい言葉掛けが大切と思う(*^。^*)たとえ家事育児手伝えなくてもね。 例えば料理本見て作るとき、分量をキッチリ計って作るタイプの人は育児書や自信満々の人の意見に右往左往して疲弊しそう。私は万事適当だったから、とりあえず赤子が元気そうならいいや、と思って日がな一日、一緒にゴロゴロしてたなぁ。家事も旦那任せだったし。今のところ子育てに関して自信がないとか、自責することはほとんどない。軽い産後うつと、寝ないし泣きまくる息子の世話で疲弊はしているが、夫が主体的に動くから穏やかだ。

プラスナノHQ お試しセットの満足度は91%!キャンペーン中!